本日思ったこと

初めて始める時という場面ではまずは下調べを横着してはいけません。

売買を行う前場面を合理的に眺める事が可能です。

 

だが、一回マーケットの中へ踏み込んでしまうと、何をしても捉え方が自分勝手なものになってしまいがちで時には適切な考え方が出来なくなる。

 

リスクを負います。

 

それゆえに自らの考えが論理的な間に間違いない準備をしておくことが不可欠です。

 

"準備"のためには、まずは自分の台本を描くことから始めます。

 

この先のマーケットはああだから、ランドを売買するといった、自分の物語を描いていきます。

 

その次は日足チャートをチェックしよう。

 

これまでの為替相場の推移を見つめて、今の値動きを調べます。

 

すると、「今は割りに偏った状態になっている」など、もしくは「とっくに大方の投資家の方々が勝負している、今さら慌てて売り(または買い)してもすでに遅すぎるな」などと見えてくる。

 

エントリーするのがやりようがないと考えたら、何もしないで、その状況ではきっぱりと割り切ることが重要です。

 

どう工夫しても自分の筋書きを押し通して、無理に新しく注文すると、外国為替相場にやられてそれどころか損することになるリスクがあります。

 

ただ多くの場面で準備が出来ている自分なりのストーリー展開を作り上げているとすればエントリーが遅すぎるという場面にはならないでしょう。

 

大方、リアルに外国為替市場が上下動する前の状況のはずだからです。

 

次は、あなた自身が売買しようと考えているポジションの変化をじっくりとチェックすることが必要です。

 

もしも、ドル高に向うであろうという筋書きを記したのであれば、その外貨の動きに注意を払っておきます。

 

為替相場の変動をチェックし始めた場面ではまだまだその通貨は変化する気配を見せないで、わずかな上げ下げを繰り返しているだけだろう。

 

だけど、その上下動をきちんと見ているとあるところでじわじわとドル高の方向へと向い始めます。

 

そこでいよいよ、ドル円の注文をします。

悪童日記

基本的に、注意深く事前準備をすればそのトレードで儲ける可能性は結構高くなります。