外為取引には買いと売りの両方の値が存在する

「スプレッド」とはFX投資は通貨を売買して儲けを生む商品です。

 

トレードの値は、常時変化しています。

 

それがレートです。

 

ニュースサイトを見ているとドル円やユーロ円のレートの情報が流れるケースがあります。

 

「ただいまの為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを示しています。

別の表現をすると外為取引には買いと売りの両方の値が存在する事を示しています。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と示しているFX取引会社も存在しています。

 

普段は売値の方が安く設定されています。

 

私達が買うときには高く、売るときには安くなります。

 

この差分をスプレッドといい、FX取引会社の収入となっています。

 

スプレッドの幅はFX取引会社によって違います。

 

スプレッド幅は投資家にとって負担になるので狭い業者を選択したほうが有利です。

 

ただし、同じ業者でも状況に応じてスプレッドの幅は広くなったり狭くなったりします。

 

もしも通常時は円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッド幅であっても、相場の上下がとても大きいケースでは3銭、4銭になる事があります。

 

そういう訳で、スプレッドの幅が狭いのと同じく変化が小さいということが重要です。

 

この頃では動かないスプレッドの幅を表示する取引業者も数多くあったりします。

 

リアルに取引会社のトレード画面の上で本当のレートを確かめなければ判断できないので億劫ですがとても大事な事です。

 

大事な財産を投資して注文するわけですから実際の注文の前に、関心があるFX取引会社の新規口座開設を遠慮せずにして示されているスプレッド幅を点検しましょう。

 

同じ通貨でも為替の変動率によって、スプレッドの狭さは変化します。

 

一般的には、インターバンクマーケットで流動性の高いペアではスプレッド幅が小さくこの他のペアではスプレッドが広がる事があります。

そーきっち通信