ストレスが肌を老化させる

ストレスは体に与える影響はとても大きなものです。

ストレスの中で生活をしていると言っても過言ではない現代社会です。

ストレスは免疫関係や神経、消化機能など全身にあらゆる箇所に影響を及ぼします。

ですから肌にも影響を与えているんですよ。

ストレスがなければ肌は活き活きと若々しく良い顔色ですが、ストレスや悩み事を抱えていると顔に表れてしまいますよね。

ストレスは肌や体を老化させる原因でもあるんです。

女性はストレスを抱えると肌荒れやニキビが表れたりする人もいますよね。

ストレスには温度や雑菌、騒音や過労と言った物理的なものと不安や怒り、悲しみや恐怖と言った感情的なものがあります。

そのストレスによってホルモンのバランスが乱れたり免疫力の低下、肌のバリア機能の低下によって様々な肌トラブルを引き起こし美肌とはかけ離れてしまうのですよ。

またストレスは細胞を酸化させ老化を早める活性酸素を増加させてしまうんです。

ストレスが溜まるとストレスに対抗しようと副腎皮質ホルモンが分泌され活性酸素が発生し増えていくのです。

このようにストレスは体や肌を老化させる原因なんです。

抗酸化対策であるビタミンCやポリフェノールなど摂取しながらストレスを溜めないようにリフレッシュするように心がけたいですね。

エイジングサプリメント「マイナチュレサプリ」