円安が怖い

ようやく始める時という状況では事前調査を手抜きしてはいけません。

 

相場に入る前であるならば相場を理性的に調べる事が出来ます。

 

だけれども、いったん市場の内部へ足を踏み入れるとどう試みても見え方が自分勝手なものになってしまいがちでしっかりとした判断が出来なくなる不安があります。

そのために頭の中が合理的な間に、事前準備が不可欠です。

 

その"準備"のためには最初は自分のシナリオを記す事から開始します。

今後のこの通貨はこうなってああなるからランドをエントリーするというふうに、自分だけの筋書きを書いていきます。

 

次に大事なのはチャートを確認しましょう。

 

今までの市場の推移を調べて、今の値動きをチェックします。

 

すると、「今のところ過度に高い水準になっているな」それとも「もうすでに多くの人が勝負しているこれから自分かエントリーしても今さらなすすべがない」ということが分かってきます。

 

当然、もうしかけるのが遅すぎるなと思ったら、仕かけないで、それはあきらめることか必要です。

あなたのシナリオを貫いて吹っ切らずにトレードすると、マーケットに押し返されて、そればかりか損をすることになる可能性があります。

 

ただ大体の場合では緻密な自分自身のシナリオを考えていれば仕かけるのが遅すぎるということにはなることはありません。

リアルにFX相場が動意づく前のはずだからです。

 

次に、とりあえず自分自身が注文しようと考えている通貨の動きを、きちんと点検する事が肝心。

 

円安に向うであろうというシナリオを作成したのであれば該当する通貨の動きに注目しておくことだ。

 

相場の変化をチェックし始めた状況ではその外貨は分かりやすく変動する素振りを見せず、小幅な上下動を繰り返しているだけでしょう。

 

だけど、その上げ下げをちゃんと見ていると、あるところでじわじわと円安の方向へと外国為替相場が向い始めます。

このタイミングでやっとドルの取引します。

 

普通、ここまで念入りに準偏さえしておけばその取引で稼げる率はかなり大きくなります。