2015年1月

人口減少を考える・・・

人口減少を考える・・・

(公開: 2015年1月23日 (金))

日本が直面している人口減少問題について色々と自分なりに考えてみた。過去約50年の日本は、人口増加と共に経済力も大きくなり国民の生活水準も向上してきた。しかし、バブル経済の崩壊、そして2005年の1億2800万人目前で頭打ちに。今となっては失われた30年と言われる経済力の減少で現在に至る。経済成長と人口増加は無関係という説もあるが、単純に考えて人口減少は需要の減少に比例すると考えられる。そして、日本経済を支えているのは、不動産の価格である。不動の資産として君臨してきた不動産の価格が下がると担保評価低下で財務状況の悪化に繋がり企業の体力低下、金融不安の慢性化、プチデフレが慢性的に起きていくのではないか。こんな状況下で企業は、どう生き抜いていくのか。

自分の住んでいる二俣川はどうか?二俣川駅周辺で再開発の工事が始まった。こんな時代にこの巨額な投資はどうなるのか・・・二俣川の不動産への影響は?しっかりと観測してみたい。


キャッシングサービスについて

キャッシングサービスについて

(公開: 2015年1月15日 (木))

今回は『キャッシング』について、素人目線ですが書きたいと思います。

キャッシングといっても
・金融機関からのご融資
・友人、家族から借りる
など様々です。

まず、金融機関からのご融資について。
みなさんが利用されている銀行でももちろんお金を借りることが出来ますが、多くの人は、よくテレビのCMや街の看板などでも目にする、レイクやプロミス、アイフルなどを利用していると思います。
自身の収入によって限度額を決められますが、大体どこで借りても年間収入の3分の1程度の金額を借りる事が出来ます。
実際、店舗まで足を運ばなくても、遠方であればWeb申し込みだけで済むというところが魅力だと思います。
ただ、やはり利息というものがあり、あまり大きな額を借りてしまうと、きちんと毎月返済していても、完済までは物凄い時間がかかってしまいます。

また、一度こうやってご融資を受けてしまうと、それに依存して何度も何度もご融資を受けてしまう方も少なくないと思います。
借りて、毎月期日に決まった額を返済したら、返済した分また借りれる枠が戻るので、ついつい手を出してしまうものです。

やはり金融機関などから借りると利息が高く付いてなかなか完済出来ないので、出来る事なら借りずに居たいものですね。

次に友人や家族から借りた場合ですが
もちろん利息を催促してくる方なんてなかなかいないでしょうが、やはり知人となると、信頼関係に関わってきますよね。
『金の切れ目は縁の切れ目』という言葉があるように、返済が遅くなれば文句を言われたり、もう貸してくれなくなったり。
そんな、お金が原因で縁を切られたりなんて嫌ですよね。

結論、お金は出来る限り自分で必死に働いて稼いで、それでも余裕がないなら節約して、きちんと考えて使うべきだと思います。
キャッシングをするもしないも自分次第ですし、しなければならない状況にいる人だってもちろんいますが、出来ることなら、しないで居れるように心掛けたいものですね。

消費者金融の金利が18%で10万借りると、いつ返済しても利子は1万8千円なの?