ピックアップ

人口減少を考える・・・

人口減少を考える・・・

(公開: 2015年1月23日 (金)

日本が直面している人口減少問題について色々と自分なりに考えてみた。過去約50年の日本は、人口増加と共に経済力も大きくなり国民の生活水準も向上してきた。しかし、バブル経済の崩壊、そして2005年の1億2800万人目前で頭打ちに。今となっては失われた30年と言われる経済力の減少で現在に至る。経済成長と人口増加は無関係という説もあるが、単純に考えて人口減少は需要の減少に比例すると考えられる。そして、日本経済を支えているのは、不動産の価格である。不動の資産として君臨してきた不動産の価格が下がると担保評価低下で財務状況の悪化に繋がり企業の体力低下、金融不安の慢性化、プチデフレが慢性的に起きていくのではないか。こんな状況下で企業は、どう生き抜いていくのか。

自分の住んでいる二俣川はどうか?二俣川駅周辺で再開発の工事が始まった。こんな時代にこの巨額な投資はどうなるのか・・・二俣川の不動産への影響は?しっかりと観測してみたい。


キャッシングサービスについて

キャッシングサービスについて

(公開: 2015年1月15日 (木)

今回は『キャッシング』について、素人目線ですが書きたいと思います。

キャッシングといっても
・金融機関からのご融資
・友人、家族から借りる
など様々です。

まず、金融機関からのご融資について。
みなさんが利用されている銀行でももちろんお金を借りることが出来ますが、多くの人は、よくテレビのCMや街の看板などでも目にする、レイクやプロミス、アイフルなどを利用していると思います。
自身の収入によって限度額を決められますが、大体どこで借りても年間収入の3分の1程度の金額を借りる事が出来ます。
実際、店舗まで足を運ばなくても、遠方であればWeb申し込みだけで済むというところが魅力だと思います。
ただ、やはり利息というものがあり、あまり大きな額を借りてしまうと、きちんと毎月返済していても、完済までは物凄い時間がかかってしまいます。

また、一度こうやってご融資を受けてしまうと、それに依存して何度も何度もご融資を受けてしまう方も少なくないと思います。
借りて、毎月期日に決まった額を返済したら、返済した分また借りれる枠が戻るので、ついつい手を出してしまうものです。

やはり金融機関などから借りると利息が高く付いてなかなか完済出来ないので、出来る事なら借りずに居たいものですね。

次に友人や家族から借りた場合ですが
もちろん利息を催促してくる方なんてなかなかいないでしょうが、やはり知人となると、信頼関係に関わってきますよね。
『金の切れ目は縁の切れ目』という言葉があるように、返済が遅くなれば文句を言われたり、もう貸してくれなくなったり。
そんな、お金が原因で縁を切られたりなんて嫌ですよね。

結論、お金は出来る限り自分で必死に働いて稼いで、それでも余裕がないなら節約して、きちんと考えて使うべきだと思います。
キャッシングをするもしないも自分次第ですし、しなければならない状況にいる人だってもちろんいますが、出来ることなら、しないで居れるように心掛けたいものですね。

消費者金融の金利が18%で10万借りると、いつ返済しても利子は1万8千円なの?


会社の同僚です。いつもセンスがいいなあと思って正直に褒めています。

会社の同僚です。いつもセンスがいいなあと思って正直に褒めています。

(公開: 2014年8月25日 (月)

服装のブランドは分かりませんが、濃紺のスーツ・近くで見ないと分からない程の地模様の白ワイシャツ・スーツと同色系の細めのグラデーションストライプのネクタイ。ポケットチーフネクタイと同素材。実年齢より10歳は若く見える清清しいコーディネートでした。靴はリーガル(黒)ベルト同色。バッグ本革の愛用品で、黄味でもなくこげ茶でもなく黒や紺スーツに馴染む不思議な茶系でした。長年使い込んで出来た色合いだからかもしれません。時計もどこかのブランドだそうです。 男性社員の中では一際目立ちます。細身で、とにかくスーツが良く似合います。いつも黒・紺系を基本としてシンプルにまとめ、しかし素材の良い仕立てのものであることが分かるスーツを着こなします。既成のスーツを着て来ることもありますが、それ程印象が変わらないのが「さすが」と思います。渉外用に同じものを何着かオーダーメイドで用意しているそうです。話が逸れますが、その日はほぼ一日外勤だったそうで、夕方帰社して上着にファブリーズかけていました。その人は煙草を吸わないので、同行した社員が喫煙者だったため洗面所でこっそり臭気抜きをしていました。服を長持ちさせたいから、だそうです。本人曰く「私服も同じだけど、基本に忠実を心がける」のだそうです。素材にこだわる・色を抑える・季節を意識して選ぶ、と。私もその点は同感なので、嬉しいことに話題に窮しません。 クラッチバッグメンズブランド